矯正歯科などで歯をキレイにする~ピカピカの歯を周りにアピール~

dentist

歯を白くする

歯のホワイトニングとは

「ホワイトニング」は、歯を白くする方法のひとつ。ここ数年、日本でも歯のホワイトニングの認知度は高まりつつありますが、具体的にどのようなことをするのかは知らないという方も多いようです。「歯を白くする治療・種類」(PMTC)歯科医師、歯科衛生士により、専用の機器を使って行われる、歯の表面のクリーニング。表面の汚れ、着色を落として元の色に戻しますが、歯そのものの色以上に白くすることはできません。(歯のマニキュア)樹脂で歯の表面をコーティングすることで、一時的に白くする方法。軽度の黒ずみ、黄ばみを手軽に白くできますが、効果が持続するのは約2週間ぐらい。(ブリーチ)歯の裏に穴を開け、そこから薬剤を注入し、歯の内側から白くする方法。生まれつき歯の色が悪い、1本だけ極度に変色している場合などに有効。

歯の色が気になる人に

(ホワイトニング)薬剤を歯に塗り、その作用によって歯を白く(漂白)する方法。歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」自宅で行う「ホームホワイトニング」がある。(ラミネートべニア)前歯の表面を0.3mm〜0.5mm削って、セラミック製のつけ歯をはりつける方法。歯の色の改善のほか、歯の形をキレイにしたり、歯と歯のすき間を埋めることも可能。(ダイレクトボンディング)白い合成樹脂を歯にのせて白くする方法。歯のすき間を埋める、高さを調節するなど、小さな修復に向いている。(セラミッククラウン)歯の表面全体を削って、セラミック製の歯をかぶせる方法。歯の裏側まで、美しく自然に仕上がるが、もとの歯を削る量が多くなります。このように、歯を白くする方法にはさまざまなものがあります。

Copyright © 2015 矯正歯科などで歯をキレイにする~ピカピカの歯を周りにアピール~ All Rights Reserved.