矯正歯科などで歯をキレイにする~ピカピカの歯を周りにアピール~

dentist

ホワイトニングの歴史

過去から現在への進歩の道

1844年頃にホワイトニングの研究が始まり、最初はミョウバンなどを利用していました。1877年頃には、酸を用いて歯のエナメルを溶かして歯を白くしていましたが、短期間で元の色に戻っていました。 そのため、1918年頃には、現在行われているようにホワイトニング剤に光を当てて、白くする方法が考え出されています。1989年には過酸化水素を使った方法で実用化されています。 1991年には、現在のオフィスホワイトニングにもつながる薬剤が開発されています。 その後、オフィスホワイトニングは歯に当てる光やレーザーが、ハロゲンライト、レーザー、プラズマ、LEDなどと進化をしています。ホームホワイトニングは、薬剤が高濃度なものに変わってきていますが、安全性のためにオフィス用よりも、濃度が低くなっています。

増えると予想されるものは

現在、歯をホワイトニングする人が増えています。それは、歯を白くすることによって、人に与える印象がさらに良くなる、といわれているからです。 その、増加しているホワイトニング希望者を獲得するために、ホワイトニングを行う歯科医院も、増えてくると予想されています。そのため、自由診療であるホワイトニングは、歯科医院が顧客を獲得するために、料金を低く設定するのではないか、という予想もあります。 また、従来のやり方では、料金が高くて時間がかかるという声にも、研究開発により解消されていくと期待されています。それは、使用する器具や薬剤に、治療法などがさらに進化や進歩して、よりホワイトニングが身近なものになってくると、いうことなのです。

Copyright © 2015 矯正歯科などで歯をキレイにする~ピカピカの歯を周りにアピール~ All Rights Reserved.